不妊症とは?

不妊症とは?

結婚して子どもを望んでいる夫婦が、正常な夫婦生活を営んでいるにもかかわらず2年以上妊娠できない状態を不妊症といいます。不妊症で悩む夫婦は多く、子どもを望む20〜45歳の夫婦に約15%もの不妊症患者がいるといわれています。

 

不妊症の原因は様々で、原因が特定できないことも多いため、なかなか良い解決法がないのも事実です。女性側に原因があったり、男性側に原因があったり、原因不明であることも少なくありません。

 

女性側の問題として挙げられるのは、排卵障害、卵管の詰まり、卵管と卵巣の癒着、子宮内膜の異常、子宮の発育不全、ホルモン異常などです。男性側の問題として挙げられるのは、造精機能障害(精子減少症、乏精子症、精子無力症、無精子症)、性交障害、勃起障害(インポテンツ)、精管通過障害などです。

 

女性側と男性側だけでもこれだけの問題の可能性があり、どれか一つの原因で妊娠できない場合、複数の問題が絡み合っている場合と、不妊の原因は多岐に渡ります。
妊娠を望んでいるのに妊娠せず、もしや不妊症かもしれないと思ったら、なるべく早めに産婦人科を受診することをおすすめします。その際は、どちらか一方だけが受診するのではなく、夫婦揃って病院を訪問するのがベストです。

 

なぜなら、不妊の原因は、どちらか片方にあるとは限らないからです。不妊の原因が特定されれば、早めに治療を開始することができます。原因の特定を早くするためにも、夫婦揃って病院を訪問することで原因の可能性を探ったほうが良いのです。