不妊サプリランキング@口コミ人気はどれ?

不妊サプリランキング

ベビ待ちのママやパパには、女性本来・男性本来のすこやかな身体がとっても大切です。

 

・なんとなくサプリメントを続けている
・ママだけ、パパだけががんばっている
・ベビ待ちのストレスを感じている

 

というような方には、ミネラルやイソフラボン・マカにより女性・男性のすこやかな身体を取り戻すことから始めてみましょう。このサイトでは、本来のすこやかな身体を取り戻すための不妊サプリメントをランキング形式でご紹介しています。

 

ミトコア300mgの特徴

シンゲンメディカルのミトコア300mgは、女性・男性本来の機能を取り戻すサポートをするサプリです。ベビ待ちママとパパはミトコンドリアの機能をUPさせることが大切。そのために必要な3つの成分、イースタティックミネラル・ジオスゲニン配糖体・イソフラボンを配合。イースタティックミネラルで機能低下したミトコンドリアをパワーUPし、イソフラボンなどで巡りをサポートします。腸溶カプセルがイースタティックミネラルを生殖細胞へ効果的に届けてくれます。

価格 15,300円
評価 評価5
備考 ミトコンドリアの機能UP

 

プレグナオールの特徴

シンゲンメディカルのプレグナオールは、ベビ待ちの方に必要な8つの成分がとれるサプリメントです。ベビ待ちパパには、高麗人参・日本米麹・牡蠣エキス・マカ・亜鉛・山芋ムチン・シリカ・ビタミンEを配合したプレグナオールパパで男性機能とホルモンバランスをサポート。ベビ待ちママには、ヘム鉄・日本米麹・タンポポ・マカ・葉酸緑茶・ルイボスティ・シリカ・アセロラビタミンCを配合したプレグナオールママで女性特有の身体の乱れをサポート。

価格 4,250円
評価 評価4
備考 天然素材マカ

 

ハグクミの恵みの特徴

ハグクミプラスの「ハグクミの恵み」は、マカとザクロのちからで体のバランスを整えてくれるサプリメントです。ベビ待ちの方に嬉しい栄養素がギュッと詰まったマカ。そのなかでも厳選して2種類、ベンジルグルコシノレートの多い国産マカとミネラル豊富なアンデス産の有機マカを使用。1日4粒の中に800mg以上配合。さらにザクロの種子エキスもプラスして、月のリズムやめぐりをサポートしてくれます。

価格 2,980円
評価 評価3
備考 日本産マカ配合

 

フーナーテストと呼ばれる不妊検査法

 

不妊症には様々な原因がありますから、検査もたくさん行われます。フーナーテストも、不妊症検査の一つです。一定期間の禁欲をした後に、排卵日が近くなったら性交して数時間から12時間以内に病院を訪れるのです。検査されるのは、頸管粘液中の精子の動きなどとなります。頸管粘液が十分に分泌されていない場合、精子がスムーズに子宮内に侵入することができません。

 

つまり、妊娠できないということになります。この頸管粘液の分泌不良も、不妊の原因の一つなのです。

 

フーナーテストでは、精子が数多く活発に動いていると認められれば問題なしと判断されます。しかし、精子の侵入が認められても、頚管粘液の中で精子の動きが悪ければ問題があるとされるのです。フーナーテストは2〜3回受けてみて、そのうちの1回でも良い結果が出れば大丈夫だそうです。

 

結果がよくない原因としては、女性側に精子抗体がある可能性があります。精子抗体があると、精子の動きが封じられて子宮内に入っていけないのです。仮に入っていけても、受精できない場合が多く、不妊となってしまいます。

 

不妊治療をしている夫婦のうち、一定の割合の女性に精子抗体が見つかるといいます。フーナーテストの結果が思わしくないときには、血液検査を受けてみたほうがよいでしょう。不妊症は一つの原因だけでなく、複数の原因が絡み合っている場合もあります。あきらめずに治療を続けることが、妊娠への道となるでしょう。

 

 

不妊の原因の多嚢胞性卵巣症候群とは

 

不妊症の原因の一つに、多嚢胞性卵巣症候群というものがあります。多嚢胞性卵巣症候群が起こる原因は、実はまだハッキリと解明されていないのです。今のところ考えられている原因は、男性ホルモンや黄体ホルモンなどのホルモンバランス異常、卵巣の代謝機能不全などではないかといわれています。

 

不妊症の原因の一つといっても、多嚢胞性卵巣症候群がイコール不妊症というわけではありません。多嚢胞性卵巣症候群の女性の7割ほどに、排卵障害が起こっているという事実があるのです。卵巣の皮膜が硬いために排卵し辛いことが問題で、これが不妊症につながる可能性となるのです。

 

多嚢胞性卵巣症候群になると、月経不順や無排卵、卵胞中の男性ホルモンが増加する、肥満、黄体ホルモン分泌不全による月経過多症などが起こります。排卵が起こりにくかったり、卵胞が一度にたくさん成長するのが原因です。多嚢胞性卵巣症候群にかかっているかどうかを調べるには、黄体形成ホルモンや男性ホルモンの濃度を測る検査が有効です。

 

超音波を使用して、多嚢胞性卵巣の状態を見ることもあります。通常よりも多い卵胞が卵巣内に見られたら、多嚢胞性卵巣症候群の可能性が高くなります。この状態は、ネックレスサインと呼ばれています。真珠のネックレスのような連なりに、見えるからです。月経不順が起こっているようなときは、早めに産婦人科を受診しましょう。

 

オナラや便が臭くなってしまっている原因

 

マッサージというのは、排便をするときにも有効なのですが、おならを出しやすくしたい場合もマッサージをするのが有効になっています。恥骨の上辺りや肋骨の下あたりを力を要れずに時計回りにマッサージするようにしましょう。ご飯を食べて腸を便が通るように、便臭 サプリや指や手のひらでマッサージを行うようにしてください。

 

このようにストレスを溜めないようにすることも、腸内のおならをためないようにするために必要なことです。おならがくさくなってしまっている原因というのは、ほとんど便が臭くなってしまう原因と同じ内容になっています。肉を普段から食べていて、動物性たんぱく質を摂取してしまったことによって、悪玉菌が硫化水素やアミン、インドールなどのような臭い物質を大量に作ってしまうからです。

 

日本人というのは、オナラのにおいが気になってしまっている人が多いとされています。海外の人たちと比べると内向的な性格の人が多いから、コンプレックスになってしまっているというケースもありますが、これだけが理由になっているわけではありません。

 

白人と比べると日本人というのは、腸が長くなっていることもおならがくさくなってしまっている原因になっています。日本人というのは、昔から、山菜や野菜、芋などを食べることが多い民族ですので、食物繊維を普段から摂取していました。ですので、これらの食べ物をしっかり消化するために、腸が長くなっていったと考えられています。

 

反対に白人というのは、肉を食べることのほうが多かったため、腸も短めになっています。このため、日本人が肉を食べると、それだけ腸の中に留まっている時間も長くなります。これによって、肉が腸内で発酵しやすくなり、悪玉菌によって臭い成分が作られやすくなってしまうのです。

 

普段から肉を食べるのが好きだというのであれば、肉だけを食べるのではなく、乳酸菌発酵食品や食物繊維が多く含まれている食べ物も同時に食べるようにして対策をしましょう。また、しっかりかんで飲み込むようにすることで消化されやすくなります。これによって、空気が入り込みにくくなるため、おならの回数を減らすことが出来るようになります。

 

更新履歴